読む!

「読む!」デモ その2

今回は以下の3つの機能を追加しました。

・最安値表示機能
・履歴機能
・書籍以外のスキャン機能(β)


最後の機能が一番苦労しました。
というのも、書籍の場合だとISBNコードとして国際的に標準化されています。

それに対して、一般的な商品についているバーコードは、バーコードの値と商品データとの紐付けがオープンなものになっていません。
このため、同じバーコードの値をスキャンしても参照する紐付けデータが異なれば、全く異なる商品データを取得してしまいます。


ま~、とりあえずはβ版として様子見ですね。
CDやDVDなどは、正確な商品データが取得できるようです。
お菓子などのバーコードをスキャンすると、全然関係ない商品がヒットするかもしれませんので、それはそれで楽しんでくださいw


今回は身分不相応にFalcom様の音楽を使用させて頂きました。
動画におけるBGMの重要性が実感できると思います。

Overdosing Heavenly Bliss/英雄伝説 空の軌跡 the 3rd オリジナルサウンドトラック/Copyright© Nihon Falcom Corporation

「読む!」を紹介して頂きました2

Androidアプリレビューサイト「アンドロイダー」様にて、「読む!」を紹介して頂きました~(o≧口≦)ノ

http://androider.jp/?p=3767


10点満点中の9点ということで、作者は非常に舞い上がっているとのことです。
改めて、こちらでもお礼申し上げます。


しかし、アンドロイドのレビューサイトも色々生まれてきましたね。
iアプリ時代はこういったレビューサイトやコミュニティもほとんどありませんでしたので、開発者としては喜ばしい限りです。


もっとAndoird業界が活発化していくといいな~

「読む!」 Facebookとはてなブックマークへ対応

とりあえず対応してみました。

http://jp.androlib.com/android.application.net-bsf_i-testscancode-pDBC.aspx


投稿例:
http://b.hatena.ne.jp/h013001b/


ダウンロード元から統計が取れるのですが、1000人がダウンロードして、アンインストールされていない数が500人くらいですね。
まだまだこれからのユーザー数だと思いますが、ぼちぼち頑張っていきたいと思いま~す。


Facebookへ対応するために6時間くらい試行錯誤してたんですが、結局2行のコードで対応できました('Α`)

う、嬉しいんだけど、あの苦労は一体orz

「読む!」の国際化対応

バーコードのスキャン結果を元にAmazonの情報を見られるようにしてましたが、Amazon.JP限定だったので改良。

英語のロケールでAndroid端末を使用している場合には、自動的にAmazon.comの方にジャンプできるようにしました。

どうせなので、デモの方も英語に対応してアップロード。
英語の文法がおかしかったらご指摘くださいw

しかし、Androidはテキストデータをプログラムと分離できるので、国際化対応が大分楽だな~

「読む!」を紹介して頂きました

Android アプリおすすめサイト オクトバ様で、うちのアプリを紹介して頂きました~(o≧口≦)ノ
オクトバ様、改めてお礼申し上げます。
さ~て、引き続き改良していきましょ~(´・ω・`)ノ

http://octoba.net/archives/20100124-scan-android-356.html#more-7699

「読む!」デモ その1

【ダウンロードURL】
http://jp.androlib.com/android.application.net-bsf_i-testscancode-pDBC.aspx
market://search?q=pname:net.bsf_i.TestScanCode

今回はメディアマーカーへの登録機能を追加しました。
あと、Twitterへのつぶやき機能も強化してます。

ご意見ご要望、募集中です。

「読む!」その1

【アプリ名】読む!

【URL】http://jp.androlib.com/android.application.net-bsf_i-testscancode-pDBC.aspx

【動作確認機種】HT-03A

【アプリ内容】
このアプリは書籍のバーコードを読み取ります。
読み取り後は、Amazonの商品ページへジャンプすることができ、本屋などで口コミ情報を確認することができます。
また、上記の情報をTwitterでつぶやくことも可能です。

もっと色々なサービスと組み合わせることで、より便利で面白いアプリにできたらと考えています。
ご意見、ご要望は随時お待ちしております。

Androidアプリ「読む!」を作りはじめた

バーコードをスキャンして、スキャン結果を元にAmazonの商品ページへ飛ぶことができます。バーコードのスキャン部分には「ZXing」というGoogleさんのライブラリを使用しているので、開発コストが大幅に削減できています。
ビバ、ライブラリ!

 

使い方としては、本屋で本を見かけた時に、Amazonの口コミ情報等を見ることができます。
今回はとりあえずAmazonへジャンプできるようにしましたが、色々なサービスと組み合わせて、より便利にしていきたいな。
とりあえず、スキャン後の画面は横画面の方がよさそうだ。

よし、完成に向けて頑張っていこう(o≧口≦)ノ



追伸:
動画の中の操作がモタモタしているのは、端末に顔が映りこまないように最新の注意を払っているためです。
映り込みが激しくて、6回くらい撮り直しましたw