仕事

IRMの国際化対応とりあえず完了

長かった・・・(;´Д`)
http://sites.google.com/site/irmproject/




34_2 35_2


今回の作業は、4年間のプログラムの棚卸に近く、4年間のツケが回ってきた形でした。
問い詰めたかった、4年前の自分を小一時間問い詰めたかったです。


前々から多忙フラグがチラチラ見えていて急いでいたのですが、とうとうフラグが立ったので、急ぎで間に合わせました。


今後は、日本だけでなく世界のユーザーを視野に入れて、IRMを広めて行きたいですね~


まぁ、仕事にも注力しないといけませんがw

人生のロードマップとか作ってみた

Photo

これからの人生を見つめなおす上で作ってみた。
とりあえず作ってみたけど、今後これに肉付けしたりしていくかな~
数十年後にはこれが人生の履歴書となるのかしらん。

しかし、作ってて思ったけど60歳までって思ったより短いな~

ロードマップにも書きましたが会計の勉強を始めました。
簿記1級まで受かったら、本気で税理士試験も目指してみるかなぁ。
とりあえず簿記2級までは確実に取りたいと思います。

式も終わったし資産運用とかも真面目に考えないとね~(´・ω・`)ノ

蘇り中

以下、思いつきで書いているので乱文失礼。
最近日記書いてないから、さらに文章能力おちたなーw

-------------------------

以前にも書きましたが、自分の中の夢や目標を達成してしまい、ここ最近は腐ったように生きていました。
いやはや、目標の無い人生というものは本当にきついですね。


んで、最近ですが自分の中の志向が変化してきました。
以前はただひたすらテクニカルなスキルの方に執着しておりましたが、ここ最近は会計関連に対して興味を持ち始めています。
このあたりの分野は、最初のとっつきが悪かったですが、一度分かり始めると結構面白いです。

あと、最近は自分のキャリアプランについてひたすら悩んでいたりもしました。

  • 5年後、10年後まで今と同じような仕事をするのか?
  • この先、夜中に障害対応で叩き起こされるような仕事がしたいのか?
  • オフショアが進む中、今のスキルエリアで食っていくことが出来るのか?
  • そもそも、うちの会社の中でテクニカルに生きていくとしたら、本当にずば抜けてないときついのではないのか?

そんな感じで、自分の中の動機と周りの環境のニーズやらなんやらを考えて、会計方面の勉強を始めてみようかな~と思う今日この頃です。

そもそも会計方面の知識も皆無に近い状況ですが、枯れ果てていた心に少しだけ潤いが戻ってきた気がします。
なんていうか、自分の好きな自分が戻ってきた感じでしょうか。

さて、夢はどうしましょう。
どうせなら大きく「公認会計士」とでもしておきましょうかw
知識が身についていくうちに、具体的な目標にも、きっとたどり着けるでしょう。

とりあえずやってみましょう、私らしく。

よっしゃーー! やるぞーーーー!

転換点

先輩に頼まれて、社内のコラムを書くことになりました。
いいとものテレホンショッキングみたいな~

テーマは「これまでにしてきた仕事とそれを踏まえてこれからどんな仕事がしたいか」

そろそろ、これからのキャリアを見つめ直さないといけないな~と思っていたので、これは丁度よいチャンスでしょうね。

さ~て、私はこれから何がしたいんだーヽ(´ー`)ノ

嬉しいやら切ないやら

幕張の生活も一段落し、来週からは豊洲になりました(´・ω・`)ノ

毎週のように休日出勤ではあったけど、楽しかったな~

サポート先からもお礼とお褒めのお言葉を頂き、ニヤニヤしてました
うむ、気持ち悪い

とりあえず、もらって嬉しかったメール集でも作ってみようかな~
それをたまに見てニヤニヤするの。
うむ、やっぱり気持ち悪い。

来週からは仕事のやりがいは皆無になりそうですが、その分生活が落ち着くと思うので結婚式の準備も再開しないとな~(`・ω・´)ノ

立場は人に責任感と誇りを与える

はじめて体制図を見た。

同じ体制図の中にうちのCEOがいた。


驚愕と感動と衝撃を受けた。

今週末も休日出勤だが、自分の仕事が誇らしく感じられた一瞬だった。

・・・面白い。面白いぞ!

夢の達成は幸/不幸?

※以下の日記は贅沢な悩みとこっぱずかしい文章が含まれている恐れがある為、ご了承の上お読みください。今日は2週間ぶりのお休みなので、日々感じている悩みをつらつらと書きたいと思います。



ここ最近は、すごいスペシャリストの方々と一緒に仕事をしていることは書いてきましたが、日々頑張ってきたせいか、わりと評価されてます。自分でも書くのも恥ずかしいですが、自分がすごいと思っている人から褒められると嬉しいじゃないですか。


「3年目なのによく知ってるねぇ」



今までの努力の成果か、そろそろスペシャリストの名に恥ずかしくなくなってきたかな~なんて思っちゃったり思っちゃったり♪
人生、生涯勉強なのでこれからも分からないことだらけでしょうが、それでも一段落はしたのかな~と感じてます。



・・・と、なるとですね、また新しい悩みが生まれてくるんですよ。
「俺は次は何を目標に生きていけばいいのか」と。




子供時代の夢はコンピュータ関連の仕事につくことでした。
ゲーム大好き少年でしたから、その影響もあったんでしょうね~
実際、今もコンピュータに触ることは大好きです。
触りすぎて目が痛いですけどねw



高校時代は家計がそれほど裕福ではなかった為、私立大学への進学は論外でした。
忘れもしない高校2年の大学見学を経て、私は実家から通える国立大学への進学を目指し始めました。

初めての模試の結果は最低ランクの合格率5%以下だったことを覚えています。
それからはものすごく勉強しました。死ぬほど勉強をしました。
我ながらよく頑張ったと思います。

そして合格しました。
合格発表の瞬間は今も忘れていません。
自宅に帰宅後、力尽きて倒れこんだこともありました。
それは、私に最高の達成感を与えてくれました。





大学時代は経済的な問題に苦しめられました。
学費と生活費の捻出に苦しめられました。
思わず世の中の理不尽さに恨みを感じたものです。

しかし、その経験は私にハングリー精神を養わせました。
そういや、奨学金もとっとと返済したいなぁ。




入社以降はスキル不足に悩まされました。
いかんせん、一子相伝の世界に近い汎用機業界。
一番の苦労は情報探しでした。
Googleの偉大さを改めて感じさせられますね。

仕事相手の身勝手さや無責任さに苦しめられたりすることもありましたが、そんな人間はどこにでもいるでしょうから、割り切り方を身につけていく必要がありますね。




とまぁ、若干話がそれましたが、入社を経て子供時代からの夢は叶いました。
入社以降の目標は自分が納得できるレベルのスペシャリストになることでした。
それも、達成されつつあります。



さて、どうしましょう。次の目標/生きがいがありません。
目標/生きがいのない人生に一体なんの価値があるというのでしょうか。
今までは何かしらの不満/障害が目の前にありました。それらを解消する為の努力が良い目標となりました。
今では就きたい職に就き、経済面でも安定しました。大事な伴侶や友人にも恵まれ一般的に言えば「幸せ」なのでしょう。



守るべき家庭もあります。これも生きがいの一つと言えるでしょう。
しかし、それは「守りの生きがい」だと考えています。
今の私には「攻めの生きがい」がなくなってしまいました。



目標という、日々精進して生きていくためのゴールがありません。
もちろん、趣味もありますが、その楽しさも刹那的なものです。
ふとした瞬間に人生の虚しさを感じざるを得ません。
簡単に言えば「ただ生きているだけ」なのです。



皆さんはどんな夢を持って生きていますか?
どんな目標を持って生きていますか?

この悩みに対する答えは今も見えません。

おねむなので手短に

以前に携わった川崎でのプロジェクトが比較的大きい賞を頂いたようです。

素直におめでとうと思える人達と仕事が出来たことに感謝したいと思います。


今日の嬉しかった一言
「アオさんがいるから大丈夫だとは思いますが、よろしくお願い致します」

・・・じ~ん(涙


とうとう私も3年目、精神的にものすごい状態になったり、何回か死ぬような目にもあってきましたが、そろそろ芽が生えてきたかしらん♪


とりあえず3連勤頑張っていこ~(´・ω・`)ノ

割と嬉しかったセリフ

プロジェクトの偉い人曰く

「アオさんのおかげで大分助かってます~」

「うちのプロジェクトに来てくださいよ~」


自分のした仕事で感謝されるのって、本当に嬉しいもんです。
勤務地も家から10分くらいだし、本当に行けたらな~w

最近のお仕事

最近は、とあるプロジェクトのとある重大障害のサポートのお仕事をしてたりします。

世界でも数十人、日本でも数人しかいない肩書きを持つSEの方々のお手伝いをしているのですが、非常にいい刺激になっています。
知識はもちろんのことですが、人柄も素晴らしく、私も将来こうでありたいと思わされました。

金融のプロジェクトということで、以前にいた地獄のような金融のプロジェクトを連想していましたが、プロジェクトの方もいい人ばかりで楽しく働いています。

先日も書きましたが、仕事のモチベーションを左右するのは、仕事の内容よりも共に働く人だな~と思います。
仕事内容がきついものであっても、一緒に働く人が素晴らしければそれはやりがいに変わります。

とりあえずは、このような機会を与えてくれた上司に感謝したいと思います。






追伸:
これで3連休が3連勤じゃなければ言うことないのにっ (´;ω;`)ぶわっ

より以前の記事一覧