Amazon

最近Amazonネタばかりだったので

Amazonに特化したBlogを作ってみました(´・ω・`)ノ

Amazonのすすめ


いや~、最近はあっという間にBlogが作れて楽ですね。
だらだらと日記やBlogをもう8年近く書いていますが、一つのテーマに特化したBlogは初めてだったりします。

まだ作りたてですが、ちょっと力入れていってみますかね~
テーマの特化がどんな効果を及ぼすか興味深かったりします。

最近Amazonネタばかりですよ


タイトルだけ見ると仕事の丸投げ感が伝わってきますが、どうすれば部下が気持ちよく働けるか等が書かれています。

「人の育て方」って誰かが教えてくれる訳でもありませんし、多くの人が自己流や自分が教えられたやり方でやっていると思います。
本の内容を鵜呑みにして、ただマネしても意味はありませんが、自己流のやり方以外を知っておくことは有益じゃないでしょうか。

しかし、この手の本はタイトルや見出しが上手いですねw
シンプルに分かりやすく書かれていますし、わりとおすすめです。




Amazonの評価が高いわりに個人的にはいまいち共感できなかった本。
うーむ、特にあらたな発見を見出せなかった。




事業所の本屋で何気なくとった本。
金融の分野に携わる人には読んでおいて損はないのではないでしょうか。

CAFIS/ANSER/SWIFT/共同センターなどについて触れられています。
幅広い範囲が分かりやすく書かれており、最初の1冊として良いと思います。
反面、すでにある程度の知識を持っている人には物足りなく感じるかもしれません。

最近クラウドが営業のキャッチフレーズのように使われていますよね。
この本では、クラウドに携わるベンダーの位置づけや現在までの経緯などが書かれています。

得るものは多くありましたが、技術書ではないですね。
広く浅くといった印象を受けました。

クラウドや仮想化の詳細な技術が知りたい方は他の本を読んだ方が良いと思います。
ただ、クラウドに対する知識の幅を広げる上では良いと思いました。

最近Amazonネタばかりですが


一見コーチングの本ぽく見えますが、これはどの世代でも読んでおいたほうが良いと感じました。
心に染み入る記載が随所に見られ、読んで良かったと思えた1冊でした。
Amazonの高評価が納得できる良書だと思います。

私も過去の精神的なダメージの傷が完全には治りきってはいないようで、
仕事の時は精神的な鎧でガチガチになっていると自覚しています。
この本はそんな鎧を少し解放してくれたかな、と感じさせてくれました。

とりあえず「一緒に働けて良かった」と思われるような先輩になれるよう努めていきたいと思います。

まぁ、自分の人生はもう十分に生きたと思っていますので、あとは下の人間の礎になれればそれで十分かな~と。


ここ最近のおすすめ本

眼科の待ち時間中に本屋でたまたま見つけた本。
目次を眺めた段階で引き込まれました。

仕事を上手く進めるテクニックやTips的な内容が300個ほど記されています。
1つあたりの内容は簡潔にまとめられているので、スラスラと読むことができます。
家に帰るまでにほとんど読むことができました。

読んでみての感想ですが、裏技っていう胡散臭いものではなく、仕事を進める上での勘所って感じがしました。
「うんうん」と共感できるものや、「なるほど」と思えるものもありましたし、500円でこれは安いのではないでしょうか。

「もっと仕事をうまく進めたい」なんて方にオススメだと思います。
とりあえず、これは後輩に薦めよう。




私が読んだのは左側ですが、最近は新しく右側の本が出ているようです。

「今は会計の知識が全然ないけど、ちょっと会計について勉強してみようかな」なんて人にオススメの本です。
イメージとしては、簿記2級の内容をシンプルにSEっぽい視点からまとめたもの、と言えばよいでしょうか。
知識もそうですが、会計の考え方等の記述が素晴らしいと思います。

会計の基礎も簡単に紹介されていますので、読む本に困っている方はとりあえず読んでみると良いかもしれません。




参考書というよりは読み物です。
簡単な会計の要素をベースにして5部の物語形式になっています。

物語の中に出てくる会計知識も丁寧に分かりやすく解説されていますので、サクサク読むことが出来ると思います。この本で睡眠時間が大分削られましたw

全くどうでもいい話ですが、Amazonマーケットプレイスで最初に売れた本でもありますw

Amazonマーケットプレイスに手を出してみた

最近は買い物の大部分をAmazonに依存しています。
特に書籍関連。

んで、購入した本のうち、「もうこれは読まないな~」って本に関してはAmazonマーケットプレイスに出品してみました。家のスペースを取るだけだし、本を眠らせておくのはもったいないしね。
売却した代金で次の書籍代金の足しにもなるでしょう。

一応、近所のブックオフとかもあるのですが、安値で買い叩かれるのは目に見えてるので却下です。
マーケットプレイスなら梱包等の多少の手間はあるものの、販売価格が自分で決められる点、Amazonから購入した書籍ならボタン一つで出品処理に進められる点を評価しました。

んで、何冊か手持ちの書籍を出品したのですが、さすがAmazonというべきか、思ってたよりも早く購入されました。
最初はテンパリましたが、終わってみればわりと簡単に処理することができたと思います。家にもう読まない本を眠らせている方は、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は↓あたりの情報を参考にして出品しました。

・発送の流れ
http://www.geocities.jp/atfuji2003/flow.html

・梱包方法
http://www.geocities.jp/mkato9999/cheap_package.html

・購入したもの

イースがいいっす



最近のゲームは「ゲームをした」というよりも「映画を見た」と感じるくらい、グラフィック重視に偏重しているように感じられましたが、上記の作品は「ゲームをした」と感じられるだろう作品です。 昔のSFC時代のゲームが好きな方に特にお勧めしたい一品ですね。

しかし、イースに関してはリメイクされているとはいえ、20年前にこれが発売されたことに驚きを感じますね。 人が面白いと感じるメカニズムは、今も昔もそれほど変わっていないのでしょうね~

サブディスプレイ買ってみた



色々と汎用性が高そうなので買ってみました(`・ω・´)ノ

Img_0949

今のところ、ニコニコの毎時ランキングを表示するという腐った使い方ですが、色々な使い方が出来そうで楽しみだったりします。

とりあえず、定番通りにガジェットでも試してみるかな~♪





<おまけ>

6157_1212473211162

メインフレーム実践ハンドブック


昨今では唯一だと思われるメインフレームの解説書です。
以下はメインフレーム暦3年目のへっこぽSEのたわごととしてお読みください。

基本的にメインフレーム関連の書籍って見たことありません。
COBOL関連の本がかろうじてあるぐらいでしょうか。
この理由はいくつかあるのかもしれませんが、一番の原因ではターゲット層の狭さではないでしょうか。

メインフレームに携わる技術者ってオープン系の技術者に比べるとほんのわずかです。
つまり、苦労して本を発行しても、買う人がオープン系と比較して少ないんですね。
そんな理由もありまして、まさかメインフレーム関連の書籍が発行されるとは思いませんでした。
うん、びっくり。

内容を確認した所、基礎は網羅されているような感じでした。
前述した理由もありまして、メインフレームって情報を収集するだけでも大変なんですよ。
資料も中々見つからないせいか、先輩から後輩への一子相伝的な雰囲気もあります。

私も入社以来、日頃から情報収集には努めていますが、それでもいまだに苦労します。
9千円台と結構なお値段ですが、これだけの情報が9千円で手に入るのなら安いものじゃないでしょうか。
同じだけの情報を探して理解するだけの手間と時間を考えたら1万5千円でも買ったかな~

今現在メインフレームに触れたばかりの方や今後メインフレームを扱うことになる方には是非おすすめしたい一品です。
もう少し、早くこれの存在に気づいていたらな~ orz

プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門


一言で言えばPMBOKの入門書です。

私も過去にPMBOKの勉強をしたことがありますが、資料が合わなかったせいかもしれませんが、いまいち理解しきれませんでした。

抽象的な表現が多くて「で、結局何をすればいいんですか?」的な。

この本では、出来るだけ身近な例を出して分かりやすい表現を心がけているように感じます。
過去より業務経験を積んだという点もあるかもしれませんが、過去に勉強した時よりもはるかに分かりやすく実感を伴うものでした。
「あー、そうだよねー」と共感も多くできたものです。

まぁ、忙しい人はとりあえず中のコラムだけでも読んでみると勉強になるんじゃないでしょうか。
長く業務をしていれば、多かれ少なかれ人を管理する立場になると思います。

PMに限らず一度は読んでみることをおすすめします。

靴磨きは好きです

先日、BLOGの右側にAmazonのインスタンスストアを設置した訳ですが、買った感想を黙々と書いていくのも寂しかったので、どうせなら日記で書いてみる。
見る方もそっちの方が実感が沸きやすいんじゃないかな~、と。

べ、別に日記のネタが無い訳じゃないんだからねっ

最近、靴のお手入れに気をつかいだしてみました。
きっかけとしては、お気に入りの革靴が雨でズブ濡れになって以来、真っ白くなっちゃったからです。 いわゆる「塩吹き」と呼ばれる現象らしく、靴の中の塩分のせいらしいですね。 当時はパニくったもんです('Α`)

んで、この革靴。 私が成人を迎えた際に両親から贈られたもので、気づけば既に6年近く愛用してたんですね~ 今まで大事に扱ってきたつもりではありましたが、ちゃんとした手入れはしたことなかったので、これを機に革靴のお手入れに挑戦してみました。

↓詳しいお手入れの仕方とかはこちら
http://www.shoe-riya.com/rec.html

Img_0894_3



http://www.shoe-riya.com/8.html
お手入れグッズも売っている為、初めての方は↑のお手入れセットとかがオススメです。私はセントジョージセットを購入しました。



↑革靴専用のセッケン。
まぁ、上記セットにより革靴の塩は素敵な感じで取れたのですが、どうせならボロがきていた靴達をリフレッシュさせるべく、一通り揃えてみた訳です。



↑靴のシワ伸ばしです。値段が微妙にするので私自身も躊躇しておりましたが、数年も履くとシワの方も気になるレベルになってくる為、勢いで購入です。



<感想>

Img_0900
一言で言えば正解だったと思います。
装着すると中から靴の形を整えてくれる為、見栄えが目に見えて感じられます。また、木の香りがほんのり心地よいです。長年の蓄積によりたまってしまったシワですが、今度は時間をかけて伸ばしていきますか~(`・ω・´)ノ

より以前の記事一覧