« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Androidエミュレータの遅さ

01

Androidエミュレータを用いたデバッグ機能。


うん・・・実現できるかもしれない・・・

①ゲームの内容を変更
②ボタン一つでエミュレータを起動
③変更点を確認


機能的にはいけるかもしれないんだけど、問題点が一つ。
それは、②のエミュレータ起動が死ぬほど遅いこと。
※実機によるデバッグは3秒くらいで起動できる


私のPCだと起動に30秒くらい、マシンによってはもっと遅いそうです。
ちょっとしたゲーム内容の変更を確認するために、毎回30秒以上はかけていられません('Α`)


正直、今のエミュレータの状態では、エミュレータによるデバッグは現実的な手段ではないかもしれない。
そもそも、Androidアプリの開発自体が実機デバッグ推奨の現状なので、これは対策を考える必要があるかな。


今思いついている対策としては、↓のようにデバッグ手段をいくつか用意すること。
・エミュレータによるデバッグ
・開発中のIRMアプリをデバッグするための、デバッグ用サーバ

実機を持っている人は、デバッグ用サーバを利用するだろうし、実機を持っていない人はエミュレータを利用してデバッグをすることになる。


現実的な落とし所としては、こんな所だろうか。
他に何か良いアイデアがあったらコメントください。

しかし、Androidの実機を持ってないのに、Androidアプリを作ろうとする人ってどれくらいいるんだろうなぁ。

<参考>
Androidエミュレータの遅さの検証記事
http://crocro.com/news/20081208125205.html

管理サーバへのアップロード機能

とりあえず最低限の動作はできた~
さて、Androidエミュレータの件はどうしようかなぁ。

02

01

ぶらり途中下車の旅 都電荒川線

奥さんと一緒に都電荒川線をぶらり途中下車の旅してみました。

東京でもこんな雰囲気の所あるんですね~

そんな平和な休日。

Img_2124

Img_2131

Img_2136

Img_2125

Img_2138

IRMプレイヤーβ

IRMプレイヤーが、ある程度見せられるレベルになってきたので、途中経過報告も兼ねて、β版を公開。

http://jp.androlib.com/android.application.net-bsf_i-arpg-tpxm.aspx
market://search?q=pname:net.bsf_i.arpg

IRMに興味のある方や、新しいもの好きのAndroidユーザーは一度お試しあれ~。




<今後の方針>
・IRMプレイヤーの細かいバグ取りと、寄せられた要望の反映
・IRM3側の改造


IRM3側で必要な機能としては↓のような感じ。
・管理サーバへのアップロード機能
・Andoridエミュレータによるエミュレータ機能


iアプリと違ってAndroidのエミュレータは起動が物凄く重いです。
この問題、どうしたもんか・・・



<お知らせ>
IRM2などでiアプリを作成されている方で、IRM3にゲームを公開してみたい方は、プロジェクトファイルを圧縮して、下記あて先までお送りください。
enka_wizard@hotmail.com

そのうちIRM3側からでもゲームを公開できるようにするつもりですが、しばらく時間がかかるので、今すぐ公開したい方は↑のやり方でお願いします。


<蛇足>
今までゲームのロードに30秒くらいかかっていてイライラしていたのですが、
IO回数を減らしたら2秒くらいに高速化できました。

IOの遅さ・・・ナメてました・・・('Α`)

ホワイトデーっぽく

Img_2119

近所のスーパーに行ったら、マグロの解体ショーがやっていたので、捌きたての大トロを購入し、大トロ丼にして食す。

・・・

美味かった・・・

そんな非常にベタなホワイトデーでした。
ふぅ、幸せ( ̄▽ ̄)旦~

ハマったので書いとく その2

Android環境において、CalledFromWrongThreadExceptionが発生したら。

http://www.adamrocker.com/blog/261/what-is-the-handler-in-android.html

出版してみました

という訳でAmazonの電子書籍出版サービスを利用して、出版してみました。

Image1
http://www.amazon.com/gp/product/B003A83U0G/ref=kcp_pc_sampleLibrary


iPhoneを持ってる人は「Kindle for iPhone」でAmazon.comの電子書籍を閲覧することができます。


上記のサービスはAmazon.jpではなく、Amazon.comのサービスなので、Amazon.comのアカウントが必要な所が注意点です。
うーん、早く日本でも正式にサポートしてくれないかなぁ。

しかし、便利な時代になったな~

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »