« 「読む!」デモ その2 | トップページ | IRM3開発日記その1 »

IRM3の妄想

1
IRMがAndroidに対応できないかな~、と妄想中。

IRM2で一番の悩みは著作権に触れる作品が出てきたらどうするかということだった。
対策は色々したけど、やはりユーザーの方には自由に無料で公開できるようにしたかった。

また、AndroidアプリはiPhoneなどと比べれば作品が公開しやすい環境にあるが、
「誰にでも」公開しやすい訳ではない。
Androidマーケットへ公開するには、年額で2000円ほど必要だった(はず)である。


んで、色々頭を悩ませてたんだけど、ふと、図のような構造が思い浮かんだ。
IRM2ではiアプリ自体を出力していたが、IRM3ではゲームデータそのものを管理サーバにアップロードし、Androidアプリからはゲームデータのみをダウンロードするようにしてみたらどうだろうか。

ユーザーは無料でゲームが作成/公開でき、万が一問題のある作品であったら、管理サーバ側で対応すればよい。
これが歯止めになる。

こうすれば、ゲームを作る側もプレイする側も無料で済ませることができる。
Android特有の課題もまだあるけど、ひょっとしたらなんとかなるかもな~
とりあえず、色々妄想だ~

« 「読む!」デモ その2 | トップページ | IRM3開発日記その1 »

Android」カテゴリの記事

IRM」カテゴリの記事

コメント

私としてはぜひStar対応版IRMを待ち望んでいるんですが…。

>ユーザーは無料でゲームが作成/公開でき、万が一問題のある作品であったら、管理サーバ側で対応すればよい。

この場合問題になるのは管理サーバーの保守管理がどれだけの期間出来るかが問題になってくると思うのですが。
過去にこれと同じような方式をとったAppliMakersという自作アプリを公開できるiアプリがありましたが、今では管理人が仕事などの関係上から運用を終了しています。アプリ自体は作成できますがサーバーで公開できないので愛用していたユーザーとしては非常に残念です。
もし次期IRMがサーバー管理する方式をとるならばこのような事態にならないように対策を考えて欲しいと思います。

コメントありがとうございます。

残念ながら、下記のような理由で優先順位としてはAndroidを上にしています。

・ユーザー数(Androidユーザーは日本以外にもいる)
・将来性(Googleがサポートしている)
・開発環境(私がStar対応の端末をもっていない)

今後も、Android端末は増えていくと見込んでますので、Android端末に注力したいと思っています。

申し訳ありませんが、休日などに一人で開発している性質上、複数端末の同時対応とかは厳しいものでして・・・


管理サーバーに関しても、管理の手間が極力かからないような設計にしたいと思います。

アプリを一つ一つ見ることは困難でしょうから、よくある通報ボタンシステムなどを実装するかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「読む!」デモ その2 | トップページ | IRM3開発日記その1 »