« 携帯アプリ開発フレームワーク | トップページ | プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 »

スクラッチパッドの単一jar化

IRMのスクラッチパッドの内部構造ですが、アイテムや魔法の数だけjarファイルが格納されています。
簡単に言うと、データの保存領域の中に複数のjarファイルがあります。

iアプリの仕様上は全然問題ないのですが、SoftbankのS!アプリの仕様を確認した所、
「複数のjarファイルがあると最初のjarファイルしか読めません」

なにその仕様('Α`)

という訳で、スクラッチパッドの内部構造の変更に挑戦です。
データの保存領域の構成が変わると、データ読み取りの失敗のリスクも増え、データ読み取りを失敗すれば、iアプリが起動しなくなる為、かなり気をつかいます。

読み取る場所が1バイトずれるだけで起動しなくなるからね('Α`)

まぁ、細心の注意を払ったおかげでなんとか構成変更には成功したので、良かった良かった~

これでS!アプリ化に向けてまた一歩前進じゃ~(`・ω・´)ノ

ちなみに今週末にTOEICを受けるのですが、これっぽっちも勉強してません(`・ω・´)b

« 携帯アプリ開発フレームワーク | トップページ | プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 »

IRM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯アプリ開発フレームワーク | トップページ | プロジェクトマネジメント標準 PMBOK入門 »